月刊ポピーは、全日本家庭教育研究会(全家研)が発行する家庭学習教材です。
ポピー学習支部(福岡県)

ポピー学習COM
TEL:093-681-0678(フリーダイヤル:0120-067-890)
ポピー学習COM_TOP > 読書感想文の書き方

 はじめに

 『読書感想文』というと、お子さんもなかなか取りかかりにくく、
 おうちの方も頭を悩ませているのではないでしょうか?

 ここでは、おうちの方といっしょに『読書感想文』の書き方をしっかりと押えてもらい、
 楽しく『読書感想文』が書けるコツをご紹介します。

 ただ本を読むだけでは、なかなか書けないものです。

 そこで、読みながら【メモ】を取って、「ここがよかった」「ここが感動した」という場面を押えておき、
 なぜそう思ったのかということを押えていくようにします。

 そうすることで、『読書感想文』が書きやすくなり、考えながら楽しく本を読むことができるのです。

 お子様用に、『感想文 事前プリント』を用意しましたので、
 プリントアウトしてご活用下さい。

aaa

 1.本を選びましょう

 本をさがすポイントは、お子さんが読みたいと思った本が一番です。

 感想文の指定字数は、応募先によって異なります。

 参考までに、北九州市児童生徒読書感想文は、1・2年が400字、3・4年が800字、5・6年が1200字となります。
 普段では、なかなか書かないような字数を、クリアーしなければなりません。

 読みたくないない本では、なかなか筆が進まず、
 「感想文を書くのは、おもしろくない」「作文は、嫌いだ」などと、思ってしまう事があります。


 上手な読書感想文を書くためには、本を何度も読みかえす事も、大事なポイントの1つになります。
 その為にも、お子さんの読みたい本を選ぶ事は大事です。

 では、お子さんの読みたい本は、どうやって選べばよいのでしょうか。
 お子さんが、普段から読んでいる、好きな本や好きなシリーズはありませんか。親は、「こんな本を読んで大丈夫かしら」
 とか「これは、内容がイマイチだ」と感じ、お子さんの意思を無視した本選びをしてしまうことがあります。
   

 そこを、親はちょっとがまんして、お子さんの気持ちを尊重してみましょう。
 年令によって、本に対する感想は、違ってくるはずです。

 また、お子さんのなかには、ほとんど本を読まない人もいると思います。

 そういう場合は、学校で学習しているテーマに関する本や、
「おや、どんな本だろう」と読む人の興味をそそる本
を選んでみましょう。

 例えば、最近よく耳にするエコ問題、地震の問題等、
 親が上手にアドバイスしてみるのもよいことだと思います。

 また、昔から伝わっている物語を読んでみてもよいと思います。

 2.感想文を書くための準備をしましょう

  
  本を読みながら、心に残ったページをしおりではさんでおきましょう。
   
しおりは、2、3枚を目安にすると良いです。
  たくさん、はさみすぎると、書きたい ことがまとまりにくいようです。

  
  本を選んだ理由を書くのですが、「図書館で、題名がおもしろそうだった」「お母さんに進められて」
  「表紙の絵がかわいかったから」などという、かんたんな事でも良いと思います。


  また、エコの本を選んで、「新聞で環境問題に興味を持ち・・・」等と、しっかりした理由を書けたら、すばらしいですね。
  ですが、お子さんの単純な動機を書いても、素直な気持ちで良いと思います。

  
  あらすじを書くところですが、作文用紙で、5・6行の字数にまとめるようにしましょう。
  詳しく書く必要はありません。
  簡潔に書きましょう。本をきちんと読んでおかないと、なかなか書けないですよ。

  
  「ここがいい」「ここでドキンとした」と思うところを書き出してみよう。
  どうして、このように思ったのか自分の意見も、書き出しましょう。
  しおりに、直接書いておいても大丈夫ですよ。

  
  本を読んで思い出した、自分自身の出来事をメモしてみよう。
  「これだ」と思うものが一つあれば、いいですね。審査員が注目する部分がココです。
  お子さんらしさを一番出せるところなので、できるだけ具体的に書きましょう。

  
  本を読んだあと、お子さんが、強く思ったことや考えたことをまとめてみましょう。
 
 「自分はこう思った」(感想)、「自分はこう考えた」(意見)が、わかる文になれば良いですね。

  「感想」は、「〜がおもしろかった」で終わらないようにしましょう。
  「意見」は、自分の考えが伝わるように、ハッキリ言い切ってしまいましょう。

    
  これからの生活に、この本を読んだ経験をどういかすのか書いてみましょう。
  本を読む事が、楽しいと伝わるといいですね。

 3.準備が終わったら、実際に読書感想文を書きましょう

 ・「です・ます」、「である・だ」のどちらかに、文の終わりをそろえましょう。

 ・文字の間違いや原稿用紙使いの方も、しっかりチェックしましょう。習った漢字を使いましょう。

全家研ポピー公認支部サイト <ポピー学習支部(福岡県)>